スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越しました

7月2日にブリスベンに無事到着してからあっという間に2ヶ月半が過ぎました。
帰ってきてからあわただしい毎日が続き、ようやく落ち着きました。
実は8月中旬に家を引越しをしました。今までは借家住まいでしたが、ようやく?もう?ブリスベンで家を購入することができ、家の引越し準備と後片付けに追われていました。

しかし子育てしながらの引越しは本当に大変ですね。
ゆっくり荷造りしている暇がないし、片付けもなかなかできませんでした。
しかも!引越しの1週間前に娘がチャイルドケアでインフルエンザをもらってきてしまい、娘→ダンナ→息子(4ヶ月)→私の順にインフルエンザor風邪をひいていました。
一番ひどかったダンナは3日間寝込みました。私と息子は軽かったのですが、家族全員で3週間ほど風邪症状が続いていました。
2日に分けて行った引越しの前半は友人たちがいっぱいのダンボール類を運んでくれたのですが、その当日ダンナは処方してもらったタミフルを飲んで、そして私は頭痛と鼻水と格闘しながら梱包を行ってました。

そうそうこちらではタミフルは保険が利かず、実費なんですよ。1箱$50もしました。高っ!
というかインフルエンザにかかってもほとんどの場合薬は処方されず、『寝て治してね』と言われました。
さすがに引越しがあったので今回はお願いしてタミフルを処方してもらいましたが、病気に対する考え方が日本とずいぶん違いますね~。
そして来年からは絶対に家族全員で予防接種を受けようと決めましたね。


引越し後半は引っ越し業者に依頼し家具や大型家電を運んでもらったのですが、日本では引越し料金は業者から見積もりをとって値段が決まるのですが、オーストラリアでは時間制なんです。
引越しが開始される時間から終わる時間(もしくはトラックが会社を出た時間からという場合もあるそう)でそれによって支払い金額がかわってくるのです。おもしろいですよね~。

私たちは最初全て業者に依頼しようと思っていたのですが、友人たちが手伝ってくれたおかげで業者に運んでもらった荷物が半分になり、ずいぶん助かりました。
思えば2年前に移住したときはこちらで調達した物は全て自分たちで運びとっても大変だったので、今回は助けてくれる友人ができたことが本当にありがたかったです。

そんなこんなでようやく新居での生活も落ち着きました~。
結婚してから今までずーっと借家住まいだったので、家の壁に穴をあけたり、自分たちの住みやすいように直したりすることに最初抵抗がありましたが、今ではずいぶんなくなりました。
そういう面から見てもマイホームは気が楽ですね(ローン以外は・・・)。


先週の金曜日4ヶ月半の息子が初寝返りしました~♪
どんどん成長してくれるうれしさと、もうちょっとこのままでいて欲しいという気持ち半分半分でした。
娘のときはどちらかというと『早く成長してくれてうれしい!』という気持ちの方が強かったのですが、今は違いますね。これも親のわがままですが、息子の笑顔に癒されると『このままでいて!』って思っちゃいますね。

スポンサーサイト

無事生まれました!

日本に滞在して早3ヶ月、あっという間に月日だけが流れているような気がします。しかも年齢を重ねるごとにどんどん早くなっているようです。

遅くなりましたが、先月無事に3010gの元気な男の子を出産することができました。
今回は昔からの私の希望でもあった助産院で出産することができて、とっても有意義な出産&入院生活を送ることができました。
イマドキ『助産院で出産するの?』と何人かの方に言われましたが、私にとっては前回の総合病院での出産よりもはるかに楽なお産でした。(もちろん二人目だったり、何も異常がなかったからこそなんですけどね)

日本に帰国した後に提携先の総合病院で受けた超音波検査で“逆子”と診断され、『治らなかったら帝王切開だね』と言われたときは『えぇ~、それじゃあ助産院で産めない!』と焦って助産院の先生に治してもらったのが妊娠32週目。
もう逆子を治すのもギリギリの週数でしたが無事に正常の位置にもどり、なおかつ昔ながらのさらしの腹帯を毎日巻いて何とか一安心。
ちなみに助産院の先生は78歳のおばあちゃん先生ともう一人の中堅の先生二人。
最初に訪れたときは正直『ここで大丈夫かな・・・?』という不安も少しありましたが、逆子を治してもらった後は『ここを選んでよかった~』と思いました。

39週目の健診日に『今週末くらいが大潮だから、狙うなら今日からさらにがんばって歩いてね。』と言われ、帰宅後に一気に持って行く荷物をまとめ、娘の保育園のお迎え前に(自分では)妊婦とは思えないような速さで長い距離を歩いたところ、午後2時半頃からお腹が痛くなり始めました。
『まさか陣痛?・・・』と思っていたら夜の8時半頃から急激に痛み始め、10時半頃に助産院に電話し到着したのが夜の11時過ぎ。そのときにもまだ赤ちゃんはお腹の中で動き回っていました。
検査後にぬるめのお風呂に入らせてもらい陣痛の痛みを逃し、翌19日の午前0時52分に無事に出産できました。
分娩台に乗ってから10分程度、4~5回のいきみで生まれたので、台の上に7~8時間乗っていた前回の出産とは大違い。
翌日身体がとっても楽でした。(前回は全身筋肉痛で歩くのもままならないくらいでした)

入院中は毎日沐浴を見て教えてもらえ、おっぱいマッサージも(涙が出るほど痛いですが)受けることができました。
そして何より食事がおいしかった。(やっぱり食べることでスミマセン・・・汗)
豪華な食事ではありませんでしたが、お惣菜中心の和食。娘のときに何度か乳腺炎を起こして以来授乳時に気をつけていた食事そのもので、しかもオーストラリアで生活していた私にとってはとってもありがたい食事でした。(授乳時期は卵・乳製品・などなどに気をつけなくてはいけなかったのです)
しかも3時のおやつ(和菓子やおせんべいなど)まで出してくださって、本当にうれしかったです。
前回の総合病院での食事は量が足りなくて、夜中にものすごーくお腹がすいたのを覚えています。そして差し入れにくださったシュークリームやプリンなどを食べてしまっていたため、しっかり乳腺炎を起こしていましたが、今回は今のところその心配はなさそうです。

その後息子は毎日スクスク大きくなっていて、2週間後に受けた検診で一気に3600gまで大きくなっていました。


助産院の先生お手製の耳つき帽子に顔がすっぽり入っちゃったー。
5日後


あっという間に臨月です

皆さまこんにちは。
日本に帰国してあっという間に4月になりました。そして予定日まであと3週間ほどになりました。
この冬、いや春の日本の寒さや嵐にはまだまだ驚かされ続けていますが、娘も私も元気に過ごしています。

お腹の子もずいぶん大きくなってきて、少し動くのも一苦労です。
娘を妊娠したときはもう少し元気だったような気もしますが、今回は毎日の散歩も腰が痛くて思うように歩けない日もあるくらいです。(やっぱり年齢のせい・・・?)
帰国してから行った病院で『逆子』と診断されびっくりしましたが、助産院の先生に治してもらって今ではそのまま助産院で出産しても良いと診断してもらえました。

今はただ、元気で無事に生まれてきてくれることだけを願っています。
また生まれたら報告させてもらいま~す。




Chinese New Year 2012

1月23日は旧正月だったようで、このブリスベンのサニーバンクも一気に旧正月の雰囲気でにぎわいました。
自宅から車で10分足らずで行けるサニーバンクは、ブリスベンのシティー近くにある中華街に引けを取らないくらいの一画です。今年はその中のショッピングセンターでドラゴンダンスもあると知り、さっそく出かけてみました。

昨年はライオンダンスだけを見たのですが、今年は辰年だからかドラゴンダンスもやっていて(毎年あるのかは知りません)ものすごい人で会場はいっぱいでした。

ドラゴンダンスの時間に合わせて行ったけど、ライオンダンスもやっていました。

Lion Dance1

このライオンダンスはやっぱり何回見ても娘は怖いようでほとんど見ていませんでしたが、その後のドラゴンダンスは平気でした。
着ぐるみが怖いのかな・・・?パンダtの着ぐるみとの写真も泣いてたしね。(でも写真の後のフォーチューンクッキーはしっかりもらっていたぞ!)
じゃあディズニーランドに行ってもミッキーとは一緒に写真が撮れないってこと?そんなぁ・・・(母残念)。

ドラゴンダンス

Lion Dance2

こんなのが見れるのも、やっぱり移民の国だからこそでしょうか。
本当に様々な国の人が集まっていました。

Lion Dance3

最後に氷の彫刻で作られたドラゴンも飾られていました。
とってもきれいだったけどポタポタとしたたる滴を眺めつつ、『これはあと何時間くらいもつんだろう・・・?』なんてこと考えてました。娘はこれが氷でできているとは理解しがたい様子でした。(触ってみたかったね)







ブリスベンで夏祭り

1月中旬に夏祭りに行ってきました。
自宅近くにある日本の教会で毎年行われているようで、今年初めて参加してきました。

夏祭り1

きちんとやぐらも組まれていたしちょうちんも飾られていて、その場は本当に日本の夏祭りそのものでした。
娘にとっては初めての夏祭りで少しきょとんとしていましたが、一応着ていった浴衣がとても気に入ったようでした。
夏祭りらしい食べ物も、子供向けのゲーム(風船つりや輪投げなど)もあって、たくさんの人でにぎわっていました。
ブリスベンでこんな夏祭りを味わえるとは思ってもいなかったので、少しびっくりしました。

初めて食べるかき氷。『つめたーい!』

夏祭り2

このかき氷、実はイチゴ味じゃなくてラズベリーのような味でした。
後々知ったのですが、こっちのスーパーで売っているいろんなフルーツ味のシロップを使っていたようです。
日本のかき氷とは一味違ったトロピカルなかき氷、とってもおいしかったです。

盆踊りなどもあって、とっても楽しい一夜でした。

夏祭り3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。